初めての彼の実家で失敗しないための需要ポイントとは!?

初めての彼の実家で失敗しないための需要ポイントとは!?

 

お付き合いが順調に進んでいくと、彼からこんな一言が「俺の実家にこない?両親に紹介したいんだ」っと。
結婚はまだだけど、こういった機会が突然訪れるという方は多いと思います。

 

 

彼の実家に初めて伺い、ご両親や家族に会うという事は、将来において重要な瞬間であることは間違いありません。
だからこそ、初めての対面を好印象の物にしたいものです。

 

そこで、初対面を果たす前に確認しておきたい重要な事をご紹介します。

 

 

 

着ていく服はどんな物が良いのか?

 

普段着ているような服でももちろん良いとは思いますが、女性らしく、清潔感がある装いにしたいものです。
色目も派手なものを選ぶのではなく、落ち着いたものを選ぶと好印象です。

 

季節によっては、肌の露出をしやすい服装の時もあると思いますが、カーデガンを持参するなどして、露出を控える工夫をしてください。
また、夏場であれど、裸足でお邪魔するのは失礼です。必ず、靴下もしくはストッキングを着用するという事を忘れないように。

 

 

メイクはどうしたら?

 

最近では、つけまつげやアイメイクなど、みなさんは当たり前のようにされているとは思いますが、彼のご両親にとっては当たり前のメイク方法とは言い難いです。
目元ぱっちりのメイクは彼の前やお友達の前だけにして、ご両親の前ではナチュラルメイクを心がける事をおすすめします。

 

ヘアスタイルはどうすれば良いですか?

 

ヘアスタイルも、服装やメイクにあわせて清潔感があるようにまとめるのが良いと思います。
特に髪の毛が長い方には、束ねておくことをおすすめします。これは、ご実家で何かいただいた際にも髪の毛がバサ!っとなりませんし、清潔感もありますから、必ず髪の毛を束ねておくようにしたいものです。アップにするのも良いかと思います。

 

また、最近ではほとんどの方がカラーリングをされているかと思いますが、カラーリングをしているのであれば黒に戻せとは言いませんが、頭頂部がプリン状態になっていないかだけは確認したいものです。
もしプリン状態であれば、染め直すなどして、対処したい物です。

 

ネイルが大好きなんだけど・・やっぱりだめ?

 

彼のご両親はやはり将来もしかしたらお嫁さんになるかもしれないという気持ちも込めてあなたを見ているかもしれません。
そんな時に、あなたの爪がキラキラと輝いていたら、彼のお母さんはきっとこんな印象を持つと思います。「この子家事ができるのかしら?」っと。

 

もちろん、ネイルが悪いとは言いません。おしゃれの一環ですし、指も美しく見えるので良いのですが、ご両親を会う日はできるだけ控えめの色を選んで利用する事をおすすめします。
色に関して言えば、肌の色に近いベージュ系統が良いかと思います。

 

身だしなみはばっちり!良いよ彼の実家へ・・・っとその前に、お土産ってどうすれば?

 

 

さて、身だしなみについてはこれまで初回したことを実行すれば良いと思います。
次に紹介するのは、お宅にお伺いする際に持参する「お土産」についてです。

 

これについては、好みもあると思いますから、彼と相談すると良いと思います。
大人の方のなかにも、食物アレルギーをお持ちという場合もありますから、そう言った点においても配慮出来るようにすると良いでしょう。

 

 

準備万端!よいよ彼のご両親と対面です。

 

 

ご両親との挨拶を無事に終えたら、楽しいお話の時間へとなりますが、ここで一つ注意点が。
それは、彼の呼び名です。
目の前にいるのは紛れもない彼の「親」なのです。

 

ですから、彼の呼び名が日頃呼び捨てなのであれば、○○さんや○○くんと呼ぶようにしましょう。

 

さらに、お話をすすめる中でご両親から「楽にしてね」とか「そんなにかしこまらないで、日ごろと一緒にしてくれていいのよ」っととてもありがたいお話があるとは思いますが、決してその言葉に甘える事なく、丁寧な対応をするように心がけてください。

 

また、実家におじゃましている最中に、お手洗いをお借りしたい瞬間というのはあると思います。
そんな時も、正直にお借りしたいという気持ちを伝えれば良いだけです。
できればお伺いする前に済ませておくのが一番良いですが、滞在時間も長くなればそう言った事も出てくると思います。我慢せず正直に伝えましょう。

 

お礼を言って、帰宅する時

 

心地が良いからと言って、あまり長時間の邪魔するというのも、失礼ですから、きりの良いところを見計らって、帰宅しましょう。
帰宅する際には、必ずお目にかかった方全てに丁寧に挨拶をして帰宅しましょう。
また、この日を迎えられたことについてのお礼もしっかりとしたいものです。
「今日は、○○さんの実家での生活を聞けて嬉しかったです」など含めてお礼を言うと良いと思います。

 

 

玄関から出て、外までお見送りをしてくださる方もおられると思いますから、必ず一度は振り返り、ご両親がおられるのであれば、お辞儀をして帰るようしたい物です。

 

最後に・・・

 

好感度を持っていただくようにする為には、第一印象をよくする事が大切です。
この先もお世話になっていくかもしれない彼のご両親やご家族に対して、「いい子だな」と思ってもらえればそれで良いのです。だからこそ、あまり力を入れすぎず、丁寧な挨拶と、笑顔を忘れないようにすると良いです。
近くにはあなたの事をよくわかっている彼もついてます。
彼もちゃんとフォローしてくれるはずですから、この素晴らしい機会を大切にしましょう。